環境による割れやすさ|ガラス修理で自宅を守る~西日でひび割れるガラス~

よくガラスが割るなら...熱割れの環境が揃っているかも! よくガラスが割るなら,,,熱割れの環境が揃っているかも!

ガラスの種類や配置を工夫~ガラス修理をする前に出来ること~

熱割れの要因!熱割れが起きやすいガラスと環境

熱割れはガラス内の温度差が大きくなることで発生します。しかし、どの家でも熱割れが発生しているかというとそうではありません。では、熱割れが起きやすい家というのは何が原因なのでしょうか。

熱割れの影響を受けやすいガラスタイプ

熱割れの影響を受けやすいのはどんな特徴がありますか?
温度差があると熱割れが起こるのは、ガラスは熱が加わることで膨張するからです。ガラスの種類によって膨張率は異なり、特に膨張率の大きなガラスは熱割れが起こりやすいです。その他、ひび割れが起こりやすい種類に金網が入ったタイプのガラスがあります。金属部分はガラスと熱伝導率が異なり、西日を受けると熱を持ち、膨張率もガラスとは異なるためひび割れしやすいです。
もしも割れてしまった場合にはガラス屋にガラス修理を依頼しましょう。元々使ってたガラスがひび割れしやすいタイプであったなら、ひび割れしにくいタイプに交換することで再発を防げます。

環境が影響するケース

環境面で熱割れ足しアクをしておいた方がケースはありますか?
ガラス自体が割れやすいタイプである他にも、環境によって割れやすくなることがあります。例えば、窓際に家具を設置する場合やカーテンがある場合、西日などが当たると熱がこもりやすいのでひび割れが起こります。ガラスに熱がこもらないように配置を工夫してください。その他、クーラーの冷気が直接当たるようなガラスの場合、室内と外の温度差が大きくなり割れやすいです。直撃しないよう、角度や配置に気を配る必要があります。どういった環境がガラスによくないのか分からないならガラス屋に相談しましょう。